• 力荐
    215人
  • 推荐
    35人
  • 还行
    25人
  • 较差
    14人
  • 很差
    35人
评分加载中...

人生最高的善终之法

人生最高的善终之法
我也要给这影片打分:
  • 很差
  • 较差
  • 还行
  • 推荐
  • 力荐
评分
主演:
山下智久反町隆史荣仓奈奈前田敦子
状态:
完结
类型:
日本电视剧 生活 言情 家庭 生活
地区:
日本
语言:
日语对白 中文字幕
导演:
石井康晴川嶋龙太郎山室大辅
时间:
2013-11-08 18:53:36
年份:
2012
评论:
剧情:
长男是真人同父异母的哥哥,邻里风评很好虽然继承家业但是两个月前突然离家...详细剧情
【电影观看小贴士】: [DVD:普通清晰版] [BD:高清无水印] [HD:高清版] [TS:抢先非清晰版] - 其中,BDHD版本不太适合网速过慢的用户观看

人生最高的善终之法:网盘下载

迅雷高速:下载到本地观看更为流畅,本站不提供影片资源存储!

喜欢看“人生最高的善终之法”的人也喜欢:

明星合集专题

Back to Top
长男是真人同父异母的哥哥,邻里风评很好虽然继承家业但是两个月前突然离家出走了;长女是井原屋经理,小时候遭遇事故右足不自由,真人继承家业后严厉指导哥哥;三男是法学部大学生,以司法试验为目标,自尊心高,爹挂掉之后没办法就回家住了。 井原真人是坐落于棚户区的殡仪馆“井原店”家的次子。母亲在他中学3年级时告别人世,家人还有父亲及兄弟妹4人。“井原店”现在是**们专用的殡仪馆,到真人父亲这代正好是第三代。可是,真人由于孩童时代起就被周遭人取笑是殡仪馆家的儿子而有痛苦的回忆,很讨厌家族祖业的殡葬业。 因此,真人一早就认定祖业会由同父异母的长兄来继承,故而早早离家,开始工作后也不曾回过家。大学毕业后,真人进入一家大型连锁居酒屋公司任职。现在担任自己所负责区域的店铺业绩管理的区域经理。 区域经理的头衔乍一听很不错,但现实中却是把总公司规定的严苛目标硬推给各店长,为了达成每日的目标不停压榨员工的累人活。某日,真人一如既往同负责区域中的一家店长面谈,并且严厉地斥责了该店长上个月的店铺营业额未达标。可第二天,他却从上司处得知那位店长跳楼自杀后重伤昏迷不醒而大为错愕。 真人非常懊恼可能是由于自己的斥责而逼得店长自杀。就在此时,在自家殡仪店里帮忙的妹妹--晴香打来了电话。。。真人赶到医院,看到了躺在病床上昏迷不醒的父亲的身影。。。据说父亲是因为一个人在公司仓库时从脚踏上踏空而摔了下来,公司里谁未曾注意到。看到突然发生变故的父亲,真人不知所措。 此外,真人被晴香告知了他一直以为作为第四代继承了家业的哥哥--健人2个月前突然离家出走,至此失踪的惊人事实,更为惊愕。此时,同真人一样少小离家的弟弟隼人和妹妹桃子也赶了回来,一家人久违的碰面了。 就如同感觉到真人他们的气息一般,父亲清醒了过来。一一扫视过子女们,父亲对真人说:把殡仪馆关了吧。说着便溘然长逝。真人虽然由于哥哥不在而不得不成为丧主,但对疏远已久的父亲也无法坦率的抱有悲痛的心情,漠然的完成丧事。数日后,结束丧期重返工作岗位的真人瞒着公司去医院探望自杀的店长,就在他正要进入病房时,未曾想店长就此断气了。真人对眼前发生之事一时之间目瞪口呆不知所措。正如父亲去世前的遗留之言,他本来对继承家业的殡葬业全无意愿,但在未亡人面前,真人却决意作为殡仪馆“井原店”来承办店长的丧事。真人在晴香和常年任职于井原店的田中的帮助下进行着店长的丧葬仪式,但对店长家属不经意间的疑问:为什么要自杀呢。这句话耿耿于怀,他便去**局询问店长跳楼时的详细情形。于是在**局和之前通过联谊认识的女警官优树再碰面了。。。 TBSでは来年1月期の木曜ドラマ9で山下智久主演のドラマ「最高の人生の終り方~エンディングプランナー~」を放送する事が決定した。  山下にとっては自身の連ドラ初主演作品となった大ヒットドラマ「クロサギ」以来、約6年ぶりのTBS連続ドラマ出演、そしてソロとなってはじめてのドラマとなり、新たな気持ちで挑む作品となる。  今回のドラマの舞台となるのは警察御用達の「葬儀屋」。  数々の作品で常に新しい時代の男性像を切り開いてきた山下が、新たな歴史の1ページを刻むべく、「人生の最後」に向き合う。  新たなスタートとなる今回のドラマ出演に向け、「あまり気負わず、現場での志気を高めていい作品を作りたい。」という山下。ドラマは、「自分を成長させてくれる大好きな大切な生きる場所」という特別な存在なだけに、またひと回り成長した姿を見せてくれる事になりそうだ。  これまで、詐欺師・ドクター・ボクサー・プロバスケ選手などに扮してきた山下が今回演じるのは、父親を亡くし、ずっと嫌っていた家業の「葬儀屋」を継ぐことになった井原屋5代目・井原真人。警察御用達のこの下町葬儀屋で扱うものは、いわゆる「訳あり」遺体ばかり。真人は、兄妹と、ひょんな事から知り合う女性新人刑事と共に、毎回遺体と一緒に運び込まれる世間のシビアな現実に立ち向かっていく。  就職難・ワーキングプア・詐欺・過労死・居眠り運転・介護殺人・いじめ・自殺・ホームレス問題・貧困ビジネス・相続争い──   様々な理由で亡くなったモノ言わぬ遺体と接するうちに、自分自身の生き方や家族と向き合うようになっていく真人たち。最初はバラバラだった家族も少しずつ一つになっていくことに…   また、警察から事故死の一言で片付けられた死も、「本当にそうなのか?」とおせっかいとは知りつつも、遺族のために故人の真実を見つけようと、真人は時に探偵まがいの事までしてしまう。やがて明らかになる故人の意外な真実や切ない秘密、不運な誤解に優しい嘘、そして愛する者への想いを知る事に──。  「訳あり遺体」ゆえのミステリー展開に加え、話すことのできない故人の人生を色のあるものに変え、残された家族の涙に人の温もりを添える真人の姿を通して、「生きる」ことを力強く描く、ヒューマンドラマとなっている。